弘前どさいぐ?

バス停に雪べら

2016/02/10

バス停に雪べら、そして岩木山

雪国のアイデア

バス停に備え付けられている「雪べら(雪片付け用のスコップ)」。道路と歩道は除雪されるもののバスと停留所の間には雪が残り、バスの乗降に苦労することからバス停の「雪べら」が設置されている雪国ならではの風景です。

さて、だれがこの「雪べら」で雪片付けをするかというと・・・もちろんバスを待っている乗客の方によるセルフサービスです。

弘前タクシーへのお問い合わせ 0172-32-5151

メールアドレスでのお問い合わせは hkhirosaki@fuga.ocn.ne.jp

弘前駅からきれいな岩木山が見れるバス停まで2.6キロ、車で10分ほどタクシー料金で1,020円(目安料金)ほどです。

バス停に雪べら、そしてきれいな岩木山が見れるバス停を地図で見る (続きを読む…)

大鰐温泉スキー場

2016/02/01

多彩なコースが楽しめる青森県のスキーのメッカ

青森県のスキーのメッカ

100年の歴史のあり、競技スキー場として有名な青森県のスキーのメッカ大鰐温泉スキー場。滝ノ沢、神沢コースに、ラビットコースなど上級者から初級者まで多彩なコース、家族で一日中楽しめる大鰐温泉スキー場です。

営業期間 平成27年12月19日~平成28年3月13日(予定)

営業時間 午前8時30分~午後4時45分 ※気象状況などにより変更有り

問合わせ 0172-49-1023

大鰐温泉スキー場HPはコチラから

弘前タクシーへのお問い合わせ

問合せメールアドレス   hkhirosaki@fuga.ocn.ne.jp

問合せ電 話 番 号   0172-32-5151

弘前ICより車で10分、弘前駅から大鰐温泉スキー場まで14キロ、車で25分ほどタクシー料金で3,990円ほどです。(目安料金)

大鰐温泉スキー場を地図で見る (続きを読む…)

藤田記念庭園洋館

2016/01/08

おとぎ話に出てきそうな「藤田記念庭園洋館」

おとぎ話の洋館

今年12月4日の東北新幹線全線開業新青森駅からの弘前市を訪れる観光客のサービスの一環として、市の施設の一部が年末年始開館することになりました。そのひとつが、大正10年に弘前出身の実業家、藤田謙一氏の別邸として建てられた洋館。おとぎ話から飛び出したような建物です。館内には、りんごにちなんだメニューがたくさんある「大正浪漫喫茶室」があり、冬の庭園を見ながらの一時もいいかもしれません。

藤田記念庭園洋館開館 開館時間 洋館が午前9時~午後5時まで 喫茶室が午前10時~午後4時まで

弘前タクシーへのお問い合わせ

問合せメールアドレス   hkhirosaki@fuga.ocn.ne.jp

問合せ電 話 番 号   0172-32-5151

弘前駅から藤田記念庭園洋館まで距離にして2,5キロ、車で10分タクシー料金で1020円ほどです。(目安料金)

「藤田記念庭園洋館」を地図で見る (続きを読む…)

大鰐町大円寺

2016/01/01

この橋の向こうに「大円寺」

歴史を感じる朱塗りの山門

謎の大日様

新年あけましておめでとうございます。今年も弘前タクシーをよろしくお願い致します。

写真は大鰐町のほぼ中央にあり「大鰐の大日様」として津軽の人々から信仰されている、朱塗りの山門が目印の2016年,平成28年申歳の一代様「大鰐町大円寺」。

ここに安置されている”国指定重要文化財”大日様と呼ばれている本尊は実は”阿弥陀如来坐像”なんだそうでなぜ、大日様として信仰されて来たのか謎のお寺です。それでも古くから津軽に伝わる一代様信仰の、未(ひつじ)・申(さる)の一代様として親しまれ信仰されている「大鰐の大日様」です。

弘前タクシーへのお問い合わせ

問合せメールアドレス   hkhirosaki@fuga.ocn.ne.jp

問合せ電 話 番 号   0172-32-5151

弘前駅から大鰐町までは距離にして13キロ、車で20分ほどタクシー料金で3,700円ほどです。(目安料金)

「大鰐の大日様」を地図で見る (続きを読む…)

弘前教会

2015/12/15

東北最古のプロテスタントの教会

東北初

ライトアップされた弘前教会、イルミネーションされた街路樹、弘前市恒例の冬の風景です。ライトアップされている教会は元寺町にある明治8年に創立された東北初のプロテスタント教会、日本基督教団弘前教会です。明治39年に建てられたこの教会の中は、畳や襖、津軽塗の説教台など和洋折衷の造りが特徴な弘前市で一番古い教会、弘前教会です。

弘前の冬の風物詩となった「弘前エレクトリカルファンタジー」ロマンチックな夜の弘前市内おたのしみください。

弘前タクシーへのお問い合わせ

問合せメールアドレス   hkhirosaki@fuga.ocn.ne.jp

問合せ電 話 番 号   0172-32-5153

弘前駅から弘前市元寺町「弘前教会」まで1.6キロ、車で5分タクシー料金で750円ほどです。(目安料金)

「日本基督教団弘前教会」を地図で見る (続きを読む…)

光のファンタジー

2015/12/01

光のオブジェ

街路樹のイルミネーション

弘前エレクトリカルファンタジー

弘前市の冬風物詩「弘前エレクトリカルファンタジー」が弘前市の追手門広場(弘前市観光館)を中心に、今年の冬も開催されています。追手門広場周辺の街路樹がイルミネーションで輝き、市内にある文化財・洋館も同時にライトアップされ弘前の冬の夜をロマンチックに演出しています。

弘前エレクトリカルファンタジーのくわしい情報はコチラから

JR弘前駅からここまでおよそ2.3km、車で7~8分タクシー料金で1,020円ほどです。(目安料金)

※帰りも弘前タクシーをご利用いただければ往復割引で更にお得になります

弘前「追手門広場」を地図で見る (続きを読む…)

元寺町

2015/11/26

昭和の時代には3件の映画館があった「元寺町」

寺院街から商人町へ

弘前城築城当時はお寺が立ち並ぶ寺院街、寺町と呼ばれていました。1649年(慶安2年)の火事で数箇所の寺が焼け、現在の新寺町に移転し、その後は商人町になり「元寺町」と呼ばれるようになりました。ちょっと昔の昭和の時代には「東宝」「スカラ座」「オリオン座」の3件の映画館があり賑やかな町でした。

弘前公園のすぐ近くの「元寺町」には、弘前教会(東北最古のプロテスタント教会)、弘前で最も古い旅館の石場旅館、近代和風建築の割烹翠明荘など文化財が多数残っている町です。

弘前タクシーへのお問い合わせ

問合せメールアドレス   hkhirosaki@fuga.ocn.ne.jp

問合せ電 話 番 号   0172-32-5153

弘前駅から元寺町まで距離にして1.6キロ、車で5分ほどタクシー料金で750円ほどです。

弘前市「元寺町」を地図で見る (続きを読む…)

大鰐温泉もやしラーメン

2015/11/15

シャキシャキした食感がたまりません。

山崎食堂

大鰐町JR大鰐駅のすぐ隣のある「津軽100年食堂」に紹介された山崎食堂さんの大鰐温泉もやしラーメン。大鰐町の自慢の特産品「大鰐温泉もやし」がどんぶりいっぱいに入った大鰐温泉もやしラーメン。大鰐温泉もやし特有の”シャキシャキ”した食感が細麺とうまく絡んでくせになる一杯です。

※「津軽百年食堂」とは、3代または、70年以上続く大衆食堂のこと。

弘前タクシーへのお問い合わせ

問合せメールアドレス  hkhirosaki@fuga.ocn.ne.jp

問合せ電 話 番 号   0172-32-5153

弘前駅から大鰐町「山崎食堂」までは距離にして13キロ、車で20分ほどタクシー料金で3,720円ほどです。(目安料金)

大鰐もやしラーメン並650円、お好みで味噌味、塩味があります。

「山崎食堂」を地図で見る

(続きを読む…)

大銀杏(オオイチョウ)

2015/11/01

根の露出した独特の姿

パワースポット?

推定樹齢300年の弘前公園西の郭の「大銀杏」です。弘前公園の何本かある大銀杏のなかでも根の露出したこの独特の姿からパワースポットとして注目されている「大銀杏」です。かつてここには、矢場の土塁があり、その土塁を撤去したために根が露出し今の姿になりました。

弘前タクシーへのお問い合わせ

問合せメールアドレス  hkhirosaki@fuga.ocn.ne.jp

問合せ電 話 番 号   0172-32-5153

弘前駅からオオイチョウのある「西の郭」まで3キロ、車で約12~3分、タクシー料金で1,110円目安料金)ほどです。

弘前公園「西の郭」を地図で見る (続きを読む…)

アップルロード

2015/10/25

赤く色づいた「りんご」と赤く染まった「岩木山」

りんご園を通る道

弘前市石川と弘前市百沢岩木山環状線を結ぶ全長22キロの弘前南部広域農道、通称「アップルロード」です。りんご園のど真中を進む「アップルロード」、秋のこの時期は赤く色づいたりんごと、りんごに負けないくらい赤く染まった岩木山を見ながらのドライブコースとして人気のあるルートです。

今、りんご農家の方々はりんごの収穫で大忙しです。ここ「アップルロード」を通行する際には農作業の車両に注意して安全運転でお願いします。

弘前タクシーへのお問い合わせ

問合せメールアドレス  hkhirosaki@fuga.ocn.ne.jp

問合せ電 話 番 号   0172-32-5153

弘前市南部広域農道「アップルロード」を地図で見る (続きを読む…)

「タクシーで弘前観光」へ戻る